経営者特集

敏腕経営者名鑑一覧 > 小山 直文

小山 直文

株式会社リー・プロ 代表取締役

価格・効果・新たな分野希望を現実にする「挑戦者」でいたい

アジア各地で部材を調達高機能美容機器を低コストで

リープロ

弊社は2012年に創業20周年を迎え、記念開発プロジェクトとして発表した衝撃波美容器『ワボーン』をはじめ、スカルプ専用美容器『ラジオフォトレーション・ヘアキュア』など多くのサロン様にご導入いただきました。その後も『インキュアティバープロ』のフルモデルチェンジなど自社開発製品のさらなるクオリティアップを行なっています。国内にはもちろん、今後は世界規模での販売を進めるために、海外拠点も2箇所に開設しました。
弊社が現在、力を入れて取り組んでいるのは、高品質・高機能な美容機器の低価格化です。これまでは、どうしてもコスト高になった部材を海外に生産拠点を移行することにより製品の低価格化を実現させたい。一人でも多くのお客様、特に個人サロン様に選ばれる製品でありたい、という想いがあります。これまでの生産方法では、どうしても製造コストもかかり販売価格に反映されてしまいます。開業間もないサロン様や個人サロン様は、せっかく弊社の製品をお選びいただいたにも関わらず、導入に踏み切れない例もいくつもありました。そこで、日本に比べて生産コストが安価なアジア各地で部品や部材を調達し、それらを自社工場で最終製品に仕上げたらどうか? と思い立ちました。実現にむけて製品開発に使用する部品をアジア圏から調達し、中国に品質管理部門を設置、購買先の拡充を図り、基準を満たした高品質な部品を安定供給出来るか、というテストの結果も極めて順調です。
これまで、お選びいただいたのにご導入を実現いただけなかった方々にも新製品は自信を持っておすすめできます。

新たなマシンの開発を準備高機能を低価格で提供したい!

今後、積極的に中国やアジア製の部品や部材を使用していく、というと「安全性・クオリティは大丈夫か?」との不安を感じる方も多いと思います。しかし、急激に経済発展を遂げた中国は経済成長が停滞気味となった今、生き残りをかけ一つひとつの業務に真剣に向き合い、日本の高い品質管理基準や技術を習得しようと邁進する企業もいくつもあります。さらにはTPPにより、急激に技術革新が進むアジア圏も同様です。そういった企業や経営者を私自身が現地に赴いて話し合い技術交流を行なうことで、高いクオリティを生み出し、さらに弊社がこれまで培ってきた品質管理基準で選別を行なうことにより、日本製と変わらない高品質なものづくりが可能です。
こうした、「高クオリティの部品や部材」を用いて生産される「高品質・高機能の機器を低価格でご提供させて頂く」という取り組みは、2016年、弊社が開発・製造する予定の三つの新たなマシンにも反映されています。これらの新製品について、現時点では詳細はお伝えできませんが高機能を装備しながらも40~130万円という低価格を実現。3つのマシンのうち2つは、これまで弊社が手掛けたことのないジャンルへの進出となります。海外での先行デモンストレーションでは予想をはるかに上回る来場者が訪れ大きな話題となった自信作を、一人でも多くの方にお届けしたい。そして、これからも「美容機器はやっぱりリー・プロ製がいいな!」と思われる製品開発を行なっていきたいですね。欲しかったこの機能、あの製品を、これなら即決だ! と思わせる…!。そんな新製品発表を必ず実現してみせます。

小山 直文 Naofumi Koyama
略歴◎工業高校電気科卒業後、大手電機メーカー・コンピュータ部門で5年間、システムエンジニア・カスタマーエンジニアを兼務。その後、1993年に(株)リー・プロを設立。2012年・20期の決算では経常利益1億4,000万円を達成し、翌年自社ビルを取得。24期目を迎える本年は更なる経営基盤の盤石化を図るために積極的に海外進出も行う模様。
リー・プロ 未だスターに君臨する『ワボーン』『インキュアティバープロ』
2016年3つの新たなマシンを発表予定
3つの新製品のうち、2つはこれまで手掛けたことのない新たなジャンルの機器を発表。40 ~ 130万円という手の出やすい価格設定を実現し『こんな機能がこの価格で!?』と、驚くこと間違いなしの機能・クオリティを実現させたという自信作の詳細発表が待ち望まれる!
Top