経営者特集

敏腕経営者名鑑一覧 > 髙木 一子

髙木 一子

株式会社アレン 常務取締役

一切の妥協も許さない
こだわりの製品
一生涯をともにさせていただける
会社でありたい

“つけた瞬間、幸福に包まれる”そんな化粧品でありたい

アレン

肌にのせると「わー、すごい!」「肌にしみこんでいくみたい」「どんどん変わっていく!」皆様からよく聞かれる感想です。感動・驚き・効果を、実感して欲しい。肌の悩みを解決して、きれいになって喜んでいただきたい。その想い一筋で創業より製品の開発販売をして参りました。生命・エネルギーの源である水にこだわり続けた弊社がたどり着いた水、それが特許取得の還元水素水です。還元水素水は、老化の原因にもなる活性酸素を除去し、肌ダメージを防ぐ働きがあります。表面張力が低いため、浸透促進力に優れています。『ラヴィーサ®』は、この還元水素水をベースに、プロテオグリカン・機能性ペプチドなど多くの有効もこだわりぬいた、還元水素水と有効成分のコラボレーションで高い効果を実感していただける機能性スキンケアラインです。

美・美容を通して社会貢献したい

女性にとって化粧品とは、ただ汚れを落としたり、肌トラブルを防ぐためだけの道具ではありません。肌だけでなく、心まで癒される心地よさを感じて欲しい。時を超えるスキンケアライン『ラヴィーサ®』は、安全性・効果性・使い心地にこだわり、長い歳月を経て誕生しました。『ラヴィーサ®』が約束するものは、今日よりも明日の肌はさらに美しいと信じることのできる手ごたえと、使うたびに幸せが満ち溢れる使用感のよさ。使うたびに結果を感じることができ、理想に近づくことができることほど、女性の美意識を高めるエッセンスはありません。
「美意識こそ世界平和の礎・証そのもの!」これは弊社CEOの言葉です。
「女性が美しくなるために自分に時間や手をかけるということは、環境や心にゆとりがあってできること。女性が、自分を愛し、大切にして、美しくあるために気持ちや時間を費やせるということは、環境が、社会が平和だということだと思う」
これらCEOの言葉は、本当にその通りだなと感じます。自分を愛し、美しさに目をむけ、それを求め、自信を持ち、明るくイキイキと輝く女性がいるということは、その周りに平和があるということにつながるのではないでしょうか。そんな女性を見守り、増やすお手伝いができるメーカーでありたい。私どもは常々そう思っています。

もっと喜んでいただくために邁進し続ける

アレンは、今年で20年目を迎えます。2015年は『ラヴィーサ®』からは「モデリングマッサージクリーム」、そして待望のインナーケア、原子状水素 マリンハイドロミネラル配合の『ハイドロゲンインナーサプリ ウェルネス』を発売致しました。そして、2016年は「ラヴィーサ® モイストサージローション(高保湿化粧液)」、『ラヴィーサ® ボディケア』から「シルキーボディウォッシュ」「シルキーボディエマルション」のリリースを皮切りに、ビューティーサプリ、ラヴィーサ® ヘアケアなど、より製品のラインナップを充実させてまいります。
弊社を信じ、支えてくださる皆様のご期待にお応えできますよう、そして「アレンと出会って本当によかった」と実感していただけますよう、緊張感を持って次の節目に向かって社員一同、邁進してまいります。

髙木 一子 Ichiko Takagi
略歴◎グループ企業を中心に、エステティック・化粧品販売・エステティック講師として32 年間美容業に携わる。美容を天職とし、女性の夢を叶えることに喜びと使命を感じている。日本エステティック業協会・日本エステティック協会・シニア検定認定講師、中部ビューティーアカデミー校長など多岐に渡り活躍中。「炭酸」「水素」など、つねに時代を先取りする株式会社アレンの美容を体現する女性として美容のプロからの信頼も厚い。
アレン Ravissa®
つけた瞬間から肌も心も幸福感に満ちあふれ、かがやく未来へ
2014年5月誕生以来、美容のプロから圧倒的な支持を集める機能性水素コスメシリーズ。抗酸化力、浸透促進力にすぐれた特許取得の還元水素水をベースに採用、精度の高い美肌ケアをかなえる。安全性・有効性は無論、使い続けたくな『ラヴィーサ®』独自の心地良い使用感が魅力。肌の基本理念を実現することで、リフトUPだけでなく、赤ちゃんみたいなふっくら若々しい肌を取り戻すことができる。16年には満を期してボディラインも仲間入り。
Top