No beauty No life

美容業界を支える経営者特集2015 | 美容経済新聞セレクト > 株式会社エバー

株式会社エバー
代表取締役 渡邊 伸一氏

サロンとの“共存共栄”へ向けて 発毛・育毛サービスを全面バックアップ

株式会社エバー
代表取締役 渡邊 伸一氏

経営者略歴:
2001年、日本人第一号としてロシアで“金の糸美容術”を体験。
翌2002年に株式会社エバーを設立。2004年にはベル美容外科クリニックをオープン。
美容再生医療の最先端をドクターと共にプロデュースし、“金の糸美容術”の安全性とその良さ、効果を広めるべく精力的に活動を行っている。
アジアアンチエイジング美容協会理事。

本場ロシアから“金の糸美容術”を日本に取り入れたことで知られる㈱エバー。
グループのベル美容外科クリニックとの二人三脚で、医療的な裏付けを基盤に高品質のサービスを提供。
形を変えない美容外科として多くの美容サロンに支持され、医療提携サロンは1000社を超える。

製品について

発毛・育毛の分野においては〝効果に個人差がある〞、〝エステサロンでは設備機能が不足している〞など、多くのサロンが悩みを抱えている。それらの課題に対して、機能・コストの両面からサロンをフォローアップする製品を提案する㈱エバー。
「発毛分野では多くの商材が存在し、そのほとんどが頭皮から効果を伝えるものばかりでした。
しかし、いかに髪に良いものを導入しても、頭皮の毛穴が堅く詰まっていては効果が期待できません。健康であれば毛を生やす皮脂が分泌されていますが、遺伝やストレス、不規則な食生活によって毛穴に詰まった皮脂は酸化し、脱毛の原因になるうえ、シャンプーでもなかなか取り除けないのが現実なのです」
そこで、同社が注目したのが、汚れを根こそぎ取り除き、眠っている毛母細胞を叩き起こすという『ヘアインパクト』という機器。その見た目はインパクトがあり、初めて見た人は驚く人が多いという。
「『ヘアインパクト』は、毛穴のヘドロ状になっている酸化した皮脂を根こそぎ取り除き、芽の出る土壌( 頭皮)へ変貌させます。また、皮脂を根こそぎ取り除いたところに、ドクターが開発したエッセンスを噴霧していただくことにより、より高い発毛効果を出し続けることが期待できます」と代表の渡邊氏は自信をにじませる。
確固たる結果が裏づけされた『ヘアインパクト』は各方面からの注目度も高く、集客率を押し上げる人気メニューになりそうだ。

これからの美容業界

「2014年度はBWJやD&Bも過去最高のブースを展開できたうえ、楽しんごさんとのタッグもあり大いに盛り上がりました。
また、クリニック監修の『Re:belle』(リベル ハーブピーリング)の導入サロンが一気に増えたことも大きく飛躍を遂げることができた要因でしょう」またその好調の要因は、イベントや製品のリリースの成功のほか、環境の変化にもあるという。
「本社とともにクリニックも9月に広く真新しいビルに引っ越すことができ、広さも倍になったことから、研修やセミナー、体験会も自社で開催することができるようになりました。提携を結んでいるサロン様には医療美容をさらに身近に感じていただけるはずです。オーナー様ご自身のサロンのように、クリニックもお気軽にご利用いただけたらと思います。今後も益々パートナーシップを強固なものにし、施術内容、収益サポート共に充実させていく所存です」
一方で、2015年度の展望は渡邊氏の目にはどう映っているのか?
「今年度発表したサロン向け発毛システム『ヘアインパクト』をはじめ、発毛・育毛分野を充実させていきます。日曜日にはクリニックでも発毛外来を行っておりますので、お力になれる要素が増えるはずです」
発毛・育毛はとてもセンシティブな分野であるため、ニーズはあるのに取り扱いにくいサロンが多いのが現状だという。一方で、毎日多くのサロンから問い合わせもあるそう。今後は同社のサービスによって盛り上がるサロンがひとつでも多くなることを期待したい。

『Re:belle』(リベル ハーブピーリング)

従来のハーブピーリングの常識を覆す逸品短時間での肌のターンオーバーが可能に!

Rebelle_satoベル美容外科クリニック監修の“天然ハーブピーリング”である同製品は、棘状成分を浸透させ、成長因子を深部まで導入することで、通常28日周期といわれる肌のターンオーバーを、3 ~ 5日という短時間で行うことを可能した。
棘状成分は従来のトリートメントの5 ~ 6倍、10種類以上もの天然植物由来の有効成分を配合し、沈静・保湿することで、術後のかゆみ・赤みを和らげる。