No beauty No life

美容業界を支える経営者特集2015 | 美容経済新聞セレクト > 株式会社LIANGE – リアンジュ-

株式会社LIANGE – リアンジュ-
代表取締役 西崎 朋子氏

ゴールのない製品開発・研究のために時代の変化を見据えて進化し続けたい

株式会社LIANGE – リアンジュ-
代表取締役 西崎 朋子氏

経営者略歴:
エステティックサロンを開業後、エステティシャン(BONHEUR ETBEAUTE施術開発)、ヘア―スタイリストとしても活躍。現在は、ELP.Labo㈱ 最高顧問、エステティシャン(一般社団法人日本光線療法協会理事)、Dr.ピュールボーテ㈱ 役員、㈱プレール 顧問として美容業界に貢献。

得意分野を徹底的に追求しながら専門性を最大限に生かし“リスクなく結果が出せる製品”を提案するその姿勢は、多くの美容関係者から支持されている。代表の西崎朋子氏が開発したハーブ療法の『BONHEUR ET BEAUTE』シリーズは非常に高い注目を集めており、同社の美の追求からはたくさんの感動が生まれている。

お客様へ届けたいサービス

 代表の西崎朋子氏による次世代ハーブ療法『BONHEUR ET BEAUTE 』の開発から3年となる㈱LIANGE。
現在、同製品の導入サロンは全国で320店舗ほどになり、問い合わせや口コミによる紹介も日々途切れることがないという。
「弊社の製品が世の中に誕生するまでの過程には、独自な方法があります。まずは、ブランド構築の上で専門性を追求します。化粧品はELP.Labo㈱が企画・研究・開発をし、技術面の開発・サポートは弊社が行います。さらに、我々の取組みや考え方に感銘いただいた大学関係者、医師、教授など専門分野で秀で、活躍をされている多数の先生方の支えをいただきます。
お客様に満足以上の感動を得ていただける納得のいく製品、技術をご提供するための努力は惜しみません」と語る西崎氏。
 実際に『BONHEUR ET BEAUTE』を導入したエステティックサロンについては、まず出せる結果に驚き、次いで売り上げアップに結び付く。最終的に、なかには店舗数が1店舗から3店舗にまで増えたサロンもあるという。このような状況について西崎氏は、「専門家集団ですから、開発段階で時間をかけるために発売まで2年経過している品も多数ございます。
しかし、得意分野を徹底的に追求、専門性を最大限に生かしたことによって、この『B O N H E U R E T B E A U T E 』は本物志向のエステティックサロン経営者の皆々様に受け入れられたと考えております」

2014年の反省と2015年の展望

 ㈱LIANGEでは、3年サイクルで会社としての計画を立てているという。そして、2015年はその計画の3年目にあたる。
昨年までの2年間もその計画に則り、進めてきた。そして、毎年新たな発信、提案を行って業界の発展にも貢献している。
「この2年間もそうであったように、2015年は、さらなる技術革新のため、さらに数校の大学関係者にご参入いただきます。そして全製品の処方を変えて進化させます。そのほか、店販品の強化として製品ラインナップを増やしたり、ご好評いただいている勉強会をはじめ交流の場を設けることで、技術面とサロン運営面におけるサポートの強化も図っていきます。肌理論、新人研修、製品知識、技術面、販売方法、サロン経営の研修はもちろんですが、『BONHEUR ET BEAUTE』の良くない所の討論会を設けることもあるんですよ。共に学び、共に成長できる環境を構築していきたいと思います」
 このように、今必要とされているものを的確に判断し、確実に役立つものを提供できるための努力を同社は怠らない。
「得意分野を追求したプロ集団が開発していますから、もちろん自信を持って提案できるものばかりですが、決してゴールがないことも事実なんです。ですから、常に時代を見据えての研究や開発を心がけています。もちろん、それと同時に独りよがりにならず、2015年度は、サロン様が本当に欲しいと思えるもの、期待に応えられる製品を皆々様にご提供できるよう、より一層誠意邁進してまいります。

BONHEUR ET BEAUTE ACCLAIM(アコライム)

高い有効成分で思いのままに美をコントロール
10日間で感動を生む美肌へと導く

LIANGE製品_2104減少したものを補うのではなく、細胞の活性を助けることで美肌再生を促す、オーガニックにこだわり追求した化粧品。5種類の植物細胞を安定処方し、幹細胞を守り育ててくれる効果と結果にこだわった総合エイジングケア製品。さらに、常在菌ケアも行うため、様々な肌トラブルにも負けない肌へと導く。10日間の使用で驚きの美肌効果が感じられると、ユーザーからの評判も高い。